« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月22日 (日)

レラ レラ~♪ 風の音Live@旧レラチセ。

数年前に、かつてあった、アイヌ料理の店【レラチセ】

その当時の雰囲気はないけれど、持ち込んだ
アイヌ文様のタペストリーやチタラペを飾ったら、
ちょっと、うん十年前にタイムスリップしたような気持ちになった。

出演者3人で、ちょっとしたお祈りをした。

慌ただしく時間だけが過ぎてゆき、
あっという間にliveの時間。

堀内幹さんの渾身の歌に
気がつくと、すーっと涙が流れていた。
歌いあげるその言葉一つ一つが
ココロに一直線に届いていた。

そうこうしている内に、
ハルコロ のてるさんが、
イモシトを持ってきてくれて、
来場して下さったお客さんは美味しそうに
ほうばっていた。

第2部。
私たちの出番。

二人の間には、タマサイが置かれていた。

ジスイズ以来のライブ。
姉と歌うのは、やっぱり楽しい!!
もっと、もっと歌で遊びたいと思いながら、
大切に、息を合わせた。

最後の歌では、コンゴ出身のムクナさんが
ウコウクを合わせてくれて、
アイヌの歌がアフリカンになった。
お客さんがとても楽しそうで嬉しかったー!
沢山の素敵なお客さんと出会う度に
もっと、LIVEをやりたい!!と、思った。

今回のLIVEは、茶箱さんのUstチャンネルで生放送することにしました。
アーカイブを残してくれています!
良かったら、是非コチラ!!
Kapiw&apappo Live 風ノ音 @ 茶箱
http://www.ustream.tv/recorded/19778972

ライブが終わってから、故郷阿寒では、
母や父やGさんや子供たちがリアルタイムでライブを見ていて、
浦河のサキ婆ちゃんや叔父叔母たちも、札幌の弟も
大切なお友達も・・・

見ていたよー!という声を聞いて、びっくりしながらも
とても嬉しかった。
茶箱さん、ありがとう!!
いや、しかし!すごい時代だね

2012年1月早々、
素敵な方々に出会い、そして再会して
前を向いて、しっかりとした一歩を踏み出した
そんな、東京滞在の日々でした。

ありがとうございましたーm(_ _)m

Apappo∽Fukiko


| | コメント (0)
|

2012年1月 7日 (土)

サハの旅~その3 博物館&ハンガラスキー

口琴博物館は、どうやらビルの3階にあるようで、
一階はスーパー、2階はスポーツウエアーのようなもののお店
Dscn0475 そして、3階へと続く階段には
色とりどりの衣装を身につけた子供たちのホムスの音が
大柄な叔母さんの歌の後に
びよょょょ~ん びょょ~ん 響き渡っていた。

博物館ホールには、世界中の口琴の分布図の
パネルがドド~ンとあって、
形や素材も詳しく判りやすく貼り出されていた。

口琴博物館内・・・
Dscn0480 Img_0110_2



Img_0112 Img_0111






口琴以外に、世界の民族楽器も色々と展示してあり、
世界各国から集まった口琴奏者の皆さんは
ガラス越しの超高級なホムスに釘付けとなっていた。

その後…ハンガラスキー地区訪問。。。

| | コメント (2)
|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »