« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月15日 (土)

紅葉まっさかり 秋の道東ドライブ!

っつ~ことで、どこかのツアー団体名みたいなタイトルです。

今年も何とか、山も色つき、去年よりは紅葉もキレイな気がします。
まりも祭りもアレヨっアレヨという間に終わり、
沢山のウタリに再会することが出来て、とても嬉しかった。
Dscn1359
今年は、コタンの子供たちが、
踊りを披露し、ちょっと練習不足だったけど
踊ることに意義がアル!!
とても、よかったなっと思っています。

まりも祭りも終わり、コタンはヒッソリと静まり返り、
それでも夜になると、イオマンテの暇釣り?!(笑)…火祭り
で、また賑やかなコタン。

そんな、ある日の晩、天気のニュースを見ると、
北海道全部、晴!!マークsun
デモって昨日、お友達と4人で道東紅葉ツアーに出かけた。

今回のコースは、レアなコースで、裏裏満喫こーす。
いざ、津別峠へ。
結構、遠いけれども・・・行く価値アリアリですよ。
Dscn1363 どどど~ん。
展望台に登ると、いきなり!屈斜路湖と道東の山々。
一瞬、位置感覚がおかしくなるよ。
津別から来たのに、なんでやねん!!みたいな感じで。

でもって、振り返ってみれば・・・
Dscn1374
ピンネシリとマツネシリとフップシヌプリ
そして、原生林。
神々しい風景が、一望できてしまうのだった。

だから、てんしょんもあがって、Y・M・A
とか、意味不明なことも平気。
Dscn1377
霧の立ち込めている時も、
雲海が見れたりするので、
穴場のスポットだよー。

そして、屈斜路湖側に降りて、川湯~硫黄山
紅葉が、とてもきれいだった。特に硫黄山。
あそこは、別世界。写真に美しさを撮りきれなかったぁ。

そして野上峠を越えて、「神の子池」を目指す。
林道をレンタカーやらタクシーがはしり、
車を寄せるのに忙しいながら(あまり車を寄せてくれない…汗)
たどり着いたら車は数台。
そしてこちら
Dscn1384 落ち葉の間から、エメラルドブルーの神の子池
相変わらず美しく静かに、白い砂を巻きあげて水が湧いていた。
また、新緑の時に来てみたいなぁと思いました。
※注:オレンジ色の人間は、Gさん。
Dscn1387




そして、峠を登り、裏摩周へ
Dscn1391
静かな所だったな。湖がとても近く感じたよ。
やっぱり、なにかいるのかなぁと、感じてしまうところだね。


その後、養老牛温泉へ!!のつもりだったけれど、
タイムリミット。
弟子屈ラーメンを食べて、阿寒へと戻りましたのでした。

こんな近くに、素晴らしすぎる大自然があり、
その麓に生活している事がありがたく、
もっと、広い視野で、物事を感じたいっ

と、実感したよ。

イヤイライケレfuji

| | コメント (3)
|

2011年10月 1日 (土)

さぶ~くなってきたよ。

大雪の山は今日 雪化粧になったようで、
着実に季節は 白い季節に向っているようです。

この2,3日で、紅葉も少しづつ進んできた感じです。
山の様子も、きのこがイマイチ ピンと来ない感じらしく
それでも、ポロンノGさんは、少しのキノコを採ってきては、
オハウに、秋の幸を彩っています。
(今日は、ラクヨウキノコ 入れてたよ)

そう!そう、先日、母が釧路の帰りに
道路に飛び出してきた大きな熊を目撃!!
ユッサユッサと黒い毛を光らせて、
森へ消えて行ったと・・・

かと思えば、今朝の早朝遊覧にて、
いつもまりもの島チュウルイ島でお仕事をしているおじさんが、
「対岸を、小熊が湖岸をズーッと走っていくの見たぞ-」と…。

秋模様になってきたこの阿寒の森も、
今年は、どんぐりやブドウなどの実りが
イマイチな中、熊さんたちは
阿寒の森を駆け巡っているんだなァ~と実感。

自宅への帰り道、子供たちが外へ出るなり
「おかーさん!秋の匂いだ」
季節はたしかに 移り変わり

コタンの外には、祭りに使うイナウとなる木が干され
まりも祭りを静かに待ちわびているかのような
そんな 秋の ひとときです。

※ まりも祭りは10月9日10日ですよー!!
皆さん!秋の阿寒湖へ お待ちしておりますmaple

| | コメント (3)
|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »