« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月18日 (火)

オススメ!本の紹介 『まつろわぬもの』 

皆様、あけましておめでとうございます・・・って、今更ですがあせあせ(飛び散る汗)

こちら阿寒湖は、極寒の日々で、連日-20度になって、
鼻毛も凍る寒さですが、
今日は雪が降って、少し暖かかった阿寒湖です。

お変りなく 皆様お元気ですか?
今年も、皆様に再会できる日が、多いといいなぁ。
さて、新年早々、お店の宣伝をさせていただきたく、久々の書き込みでごあす。

この頃、ジワジワと、話題になっている本があります。
私も、読んでみたんだけど、これまた本当に驚きの天才アイヌの方の
半生を書き下ろした本で、とても面白かったのですが、
先日、縁あって、ポロンノにて取り扱うことになりましたので、
興味のある方!!是非ご一読を!!ということで、
こちら!!

31dpqdz7njl_ss500_


『まつろはぬもの―松岡洋右の密偵となったあるアイヌの半生』

価格 ¥2940

~内容~
満鉄に売られたコタンの天才少年。昭和13年、憲兵となった少年は松岡洋右の命を受け「中国人」として大陸に放たれる。任務は“日本軍の非道を暴 くこと”―。実在の謀報員・和気市夫ことシクルシイの死後十年をへて公刊された現代史の溝を埋める衝撃と感動のノンフィクション。

~著者略歴~
シクルシイ
1918年(大正7年)4月29日、北海道屈斜路湖畔のコタンに生まれる。
父は和歌山県出身の和人、母はコタンのエカシ弟子小太郎の娘。和名・和気市夫。
生後間もない頃から神童として知られ、それに目をつけた南満州鉄道(満鉄)理事の松岡洋右に選ばれ、英才教育を施される。4歳で高等小学校2年に 編入、8歳で旭川商業学校2年に編入し仏・露・中国語などを学ぶ。1929年(昭和4年)、11歳で満鉄傘下のハルピン学院に入学、英・仏・露・中の言語 以外にモンゴル語・ラテン語・ギリシャ語などを学び、同時に体術・銃器・爆薬・無線通信・暗号などの教育を受ける。

送料  ¥350   (レターパック350にて発送)

ポロンノHPよりメール、またはお電話にてご注文、お待ちしておりますbook

| | コメント (0)
|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »