« シルバーウィ~ク!!  | トップページ | 第60回 まりも祭  »

2009年9月27日 (日)

レラ・チャロ ~風の口~

秋の香りを乗せて、秋風が吹くこちら阿寒湖。
この秋の香りは、どこか哀愁を漂わせるものがありますね。。。

さて、《レラ ・ チャロ》 と題しましたが、
この頃手に入った本で、天体に関するアイヌの伝承の中から、
この、「風の口」 という発想が、とってもおもしろかったので、
抜粋してご紹介します!

レラ ・ チャロ  ~風の口~

風の吹出口

夕暮れの水平線に歪な四角形を描く「カラス座」の

四星が昇ってくる。

アイヌはこの台形の星をレラチャロ(風の吹出口)と呼んだ。
アイヌモシリではレラチャロ四星が東空に昇る頃から

メナシレラ(東・風)が吹出し、
西の山裾に沈む季節になるとスムレラ(西風)が吹く。

アイヌはレラチャロの位置の移り変わりから、
季節風の吹く方角を知ったという。

~風の儀式~

アイヌモシリの川にチェプ(われらが食うもの=鮭)が

遡上し始めるのは、平年7月中旬あたりからで、

この頃になるとレラチャロはだいぶ西に傾いている。

8月に入っても毎日のようにメナシレラ(東風)が吹きつける年は、
川口から鮭が遡上してこないという。

そのようなときは、コタンから四人の若者を選んで、

それぞれメナシレラ(東風)、
ピカタレラ(南風)、スムレラ(西風)、マクナウレラ(北風)の
四方位の風のカムイの仮装をさせる。

メナシレラはこの場合ウエンカムイ(悪い神)とみなされるので、
黒く汚れた着物を着せられ、イノカ(神の形)の

無い粗末なイナウル(礼冠)を乱れた髪の上に載せられる。

一方、ほかの三人の風のカムイになる若者たちは

礼装を着用して、イノカのついたイナウルを戴く、

このイノカは地方によって異なる。

十勝以北では三人の風のカムイは同じ

イヌンカムイ(漁をするカムイ=縞梟)のイノカを用いていたが、

天塩川流域以北では、

イヌンカムイとノトコッチカプ(凪を所有する鳥)と

ホロケウカムイ(狼のカムイ)を
それぞれ西、北の風のカムイのイノカとしていた。

儀式は、東風の象徴であるメナシレラのカムイに

仮装した若者が他の三人の風のカムイに

水や砂を掛けて暴れまわるところから始まる。

やがてメナシレラのカムイが三人の風のカムイに

水辺に追いやられて、びしょ濡れになった姿で

平伏して陳謝したところで儀式は終わる。
東風のカムイが他の風のカムイの圧力に屈して

静かになったわけである。

この呪術劇は、メナシレラを追い払って鮭を迎える
ペウレチエペ カノキ ノミ (走り鮭を迎える祭り)にも行われた。
この祭りでは東風に白、南風に赤、西風に黒、

北風に紫 の帯状の布を用いることもあった。

【人間達(アイヌタリ)のみた星座と伝承】 著者 末岡外美夫

より、抜粋させていただきました。

|

« シルバーウィ~ク!!  | トップページ | 第60回 まりも祭  »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。